お知らせ

  • 第11回(2017年)若手奨励賞候補者推薦募集(領域13)について

    日本物理学会誌6月号(vol. 71, No. 6, p.410.) にアナウンスされていますように、日本物理学会では第11回(2017年)若手奨励賞の募集を「日本物理学会の実施要項」によって行います。領域13の分野の適任者の推薦または応募をお願いいたします。

    領域13では「日本物理学会若手奨励賞領域13要項および細則」に従うことを基本としますが、実施にあたって必要な事項を追加し下記の要領で実施いたします。ここに記載のない応募資格、審査基準等の詳細(領域ごとに異なります)は「領域13要項および細則」および日本物理学会の「実施要項」をご覧ください。




    ○募集方法

    1. 応募は推薦(自薦も含む)とする。
    2. 推薦に必要な提出書類を下記の宛先(審査委員長)に送付する。
    3. 提出書類:
     ・ 履歴書
     ・ 発表論文リスト
     ・ 対象論文のコピー(3編以内)
     ・ 該当する学会発表の概要コピー(数の制限なし)
     ・ 推薦書(または自薦書)
    4. 送付方法: 原則「郵送」となっているが 電子メール添付にて電子的ファイルでの送付が望ましい。
    5. 締切: 2016年7月31日(日曜日)  郵送の場合は7月28日(金曜日)必着
    6. 送付先: 領域13若手奨励賞審査委員長 高橋尚志
     (電子メール)naoshi_AT_ed.kagawa-u.ac.jp
       ("_AT_" を"@" に変えてください)
     (郵送) 760-8522 香川県高松市幸町1-1
          香川大学教育学部物理学教室 高橋尚志 宛

    ○推薦書の様式: 形式は自由だが以下のことを記載すること

    1. 推薦書作成年月日
    2. 候補者氏名
    3. 候補者所属(勤務先、身分および所在地)
    4. 候補者連絡先(電話、電子メール、ファックス)
    5. 推薦の場合:
     a. 推薦者氏名
     b. 推薦者所属(勤務先、身分および所在地)
     c. 推薦者連絡先(電話、電子メール、ファックス)
     d. 候補者との関係
    6. 研究題目
    7. 審査希望領域名「領域13」
    8. 推薦(自薦)理由(和文2,000字以内、または英文)
    9. 応募資格を満たすことを示す書類(学会会員番号、年齢の記載のある証明書のコピーなど)

    以上

古いニュースの記録: 「Back Number」を見てください。

領域代表・運営委員

代表高橋 尚志(物理教育)2016年4月〜2017年3月
副代表中村 聡(環境物理)2016年4月〜2017年3月
運営委員筒井 和幸(物理教育)2016年4月〜2017年3月
運営委員中村 琢(物理教育)2015年10月〜2016年9月
運営委員小長谷 大介(物理学史)2016年4月〜2017年3月
運営委員矢吹 哲夫(環境物理)2015年10月〜2016年9月

大会の予定

次回 2016年度秋季大会(物性)2016年9月13日〜16日(金沢大学、石川・金沢市)
その後 第72回年次大会 2017年3月17日〜20日(大阪大学、大阪・豊中市)
2017年度秋季大会(物性)2018年9月13日〜16日(岩手大学、岩手・盛岡市)
第73回年次大会 2018年3月22日〜25日(東京理科大学、千葉・野田市)